CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECOMMENDED
チェーザレ破壊の創造者 1 (1)
チェーザレ破壊の創造者 1 (1) (JUGEMレビュー »)
惣領 冬実
チェーザレ・ボルジアの生涯を描いたコミック本ですw最近ハマってますw

<< 韓流ドラマ  ラストダンスは私と一緒に  チ・ソン, ユジン | main | 韓流ドラマ  危機の男 ファン・シネ, シン・ソンウ, ペ・ジョンオク >>
韓流ドラマ  威風堂々な彼女 ペ・ドゥナ 、シン・ソンウ、キム・ユミ、カン・ドンウォン
威風堂々な彼女 DVD-BOX 1
威風堂々な彼女 DVD-BOX 1
ジェネオン エンタテインメント

【威風堂々な彼女】観ましたよ〜

思いがけず「面白かった!」



お話は・・・

雪の降る夜、カプシクは臨月の女性が倒れているのを発見し、家へ連れ帰る。同じく臨月だったカプシクの妻ギルリョとその女性は、その夜同時に女の子を出産する。女性は出産後間もなく世を去り、その娘ウニとカプシクたちの娘クミは、双子の姉妹として育てられる。時は過ぎ、成長した2人のもとに、大企業テソン食品の会長が現れ、育てられた女性の子は駆け落ちした息子の子であり、引き取らせてほしいと申し出る。母ギルリョは、自らの娘クミをその子だと言って手放す。残ったウニは真実を知らないまま、貧しいながらもたくましく成長する。結婚直前に婚約者に逃げられシングルマザーとなったウニは、ギルリョと双子の弟とともにソウルへ上京。クミと再会したウニは、クミが自分の初恋の相手ジフンと付き合っていることにショックを受ける。ある日ウニは、ひょんなことから嫌味な男性インウが社長を務める今にも倒産しそうな会社カイン食品に就職することになり…。
byウィキペディア


なんだかあまりネットでも周囲でも話題になって無いし?どんなドラマかな〜なくらいで見始めました。

一応雑誌で「出生の秘密物」くらいな知識はありましたが。

物語は主人公の産まれたところから始まるので画面が「古くさい」です。

ここら辺の「古くさぽい田舎が舞台の頃」でリタイアすると残念かも〜

子供時代〜高校生時代とお話は進みある日「運命の日」が。
ここら辺りから面白くなって行くのよね〜

お祖父さんが「亡き息子の忘れ形見」を何年も探し続け「お迎え」に来るあたり「ガラスの靴」を思い出しましたね〜
(ガラスの靴はすぐお迎えに来るけど行き違っちゃうのですが〜)

主人公が健気で元気なのも似てるけどこの「威風堂々な彼女」の主人公はパワー炸裂だわ〜〜

どっかで見た女優さんだな〜と思ったら今KBSでやってる「勉強の神」の英語教師の人だわ〜
「勉強の神」はまだ6話目までしか見てないけどこっちの方の彼女(ペ・ドゥナ)最高だわ〜〜
この女優さん「個性派女優」と呼ばれているそうですがもう何というか「弾けて」ますよ〜
綺麗なんだかそうじゃないんだか不思議な方ですよね〜

高校生時代の「スケ番役」でパンチでやっぱりスケ番をやった女優さんが出てましたね。
それとランラン18歳に出てた双子も同級生で出てました〜

お母さん役の女優さんも良く母親役で出る人だけどこの人も上手いよね。
カインとアベルで悪い副院長(ジソブの継母役)をやった人ですね。

それと「クミ」役も中途半端な悪役ぶりが上手かったです。
悪役遣る人ってつくづく勇気あるな〜と思いますねぇ。
だって本当に見てるだけで気分悪くなる役なんだもの〜〜
でもこの「クミ」は憎ったらしい〜〜って感じじゃ無いのよ。
「なによ〜この女〜気分悪〜〜ふざけんな。人としてそれで良いのか」な感じなんだけど見てる方もどうにも不完全燃焼になるような悪役ぶりなの〜
ん〜〜すっきりしない。この女に関しては最後まで納得いかない。続編が見たくなる感じ。

まぁそれは置いといて。

ウニ(ペ・ドゥナ)とインウ(シン・ソンウ)が面白かった〜〜
これだけでもというかこれがこのドラマの面白さよね。










ribia2 | 韓流(ドラマ・映画・他) | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://eiga-hon.ribia.net/trackback/1590135
トラックバック