CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECOMMENDED
チェーザレ破壊の創造者 1 (1)
チェーザレ破壊の創造者 1 (1) (JUGEMレビュー »)
惣領 冬実
チェーザレ・ボルジアの生涯を描いたコミック本ですw最近ハマってますw

<< 韓流ドラマ  夏の香り  ソン・スンホン、ソン・イェジン、リュ・ジン、ハン・ジヘ、 | main | 韓流ドラマ  パリの恋人  キム・ジョンウン,パク・シニャン,イ・ドンゴン >>
韓流ドラマ  白夜  観ました。イ・ビョンホン チェ・ミンス
白夜 DVD-BOX
白夜 DVD-BOX

【白夜】観ましたよ〜

これは何の前知識もなく「チェ・ミンスかぁ〜砂時計の人ね」と見始めた訳です。

物語は1968年の青瓦台襲撃事件でそれぞれ父を失った韓国のギョンビン(イ・ビョンホン)と北朝鮮のテッヒョン(チェ・ミンス)の少年時代から始まります。

同じ事件でそれぞれの父親を亡くした因縁の息子同士がそれぞれの国に育まれそれぞれの愛国心を胸にギョンビンは諜報員となりテッヒョンは特殊工作員となる。
やがて二人は韓国、ロシア、北朝鮮が絡み合う武器争奪戦を背景に運命的な出会いを果たし対決の日を迎える・・・



↑だけ見ると「ハードボイルド」物、な感じですがこの二人の関係に二人が愛する女性達が絡みそれがどう展開されていくのかも見所です。

南北の問題や、軍事的な問題に加え舞台が殆どロシアで登場人物もロシア人、台詞も殆どロシア語なので「いつもの韓ドラ」と思って見ると勝手が違うしコテコテの恋愛物が好きな方には面白くないかも。

私は「社会派ドラマ」や「軍事サスペンス」も好きなので面白かったです。



本当に物語のあらすじも「因縁のある息子達が対決〜」くらいしか知らずに見始めたので第1話では時代背景から「光州事件」物かな〜と思いましたがさにあらず。
1話ではソン・ヘギョが後のギョンビンの恋人になる女性の少女時代(十代の頃)の役で出てきますがソン・ヘギョ扮する高校生は学生運動の真似事をしてるんだけどギョンビンは全然興味なしてな感じでした。
それより車やメカが好きでいつか爆撃機のパイロットになることを夢見る少年でした。

一方、テッヒョンは青瓦台襲撃事件で父を亡くし英雄一家と持てはやされますが父の死を切っ掛けに母はテッヒョンを捨てて家を出ようとして(どうやら母親は嫌々結婚させられたらしい)それを英雄一家の恥とする父の弟(叔父)に母が事故を装って殺されてしまう現場を目撃してしまう。

こうして深く傷つき天涯孤独となり叔父の支配と国の思想の中で暮らすテッヒョンだが唯一の生きる希望はロシア生まれの少女「アナスターシャ」だった。
そんなアナスターシャの父親がある日留学先のロシアで行方不明になり嫌疑はアナスターシャの身にも降りかかりアナスターシャは捕らえられてしまう。
テッヒョンはアナスターシャを奪取し一緒にロシアに逃れるべく逃亡するが国境近くでアナスターシャを逃がすために自らが囮となり当局に捕らえられてしまう。
テッヒョンは脱北の罪で処刑される運命だったが英雄一家の息子と言うことで政府の高官から「特殊工作員」として訓練される・・・

↓二人の逃避行のシーン


そしてもう一つの恋物語。
イ・ジョンジェ(砂時計でヒロインを守り通したあの男の人よ〜)扮する北朝鮮の高麗旅行社に勤務するイ・ヨンジュンと政府の高官の娘オ・ソンシムの禁じられた恋も見所ですね。
砂時計では笑顔を見ることもなかった俳優さんですがこちらのドラマでは愛嬌のある笑顔が人懐こくて素敵ですよ。




↓軽くネタバレ〜〜ご注意!












チェ・ミンス演ずるテッヒョンは脱北しようとして捕らえられたあの日から「特殊工作員」として身も心も国に捧げ時には非情な判断を強いられコードネーム「黒蜘蛛(タランチュラ)」として生きてきた訳だけどヨンジュンと知り合ったこと、ロシア人の子供と触れ合ったこと、そしてアナスターシャの最後の言葉で・・・
少なくとも安らかに眠れたよね・・・?


砂時計でもそうだったけど結局テッヒョンも愛する女を守って・・・・・

ギョンビンも〜〜〜
ドラマを見てるこっちはブラックジャックは何れにしろ無事着陸は出来ないんだし〜〜〜
それならあんなに深追いしないで帰還する燃料捨てなけりゃ生還できたのに〜〜と思っちゃうけど。

でもねぁ〜生還できたとしても。。。例え愛し合っていたとしても。
ギョンビンとアナスターシャの恋が成就するにはあまりにテッヒョンの存在は大きいし・・・
あの二人の恋が成就しちゃったらテッヒョン贔屓からのブーイングは免れないよね。

まぁ、私はラストには「許しと救いと希望」が見たいタイプなのでこのラストは悪くなかったですけどね。




砂時計と言い白夜といい、チェ・ミンス不幸な役回りだ〜
本人はそれでも満足しているという設定だけどさ〜〜〜〜

チェ・ミンスが滅茶苦茶幸せな役を演じてる作品は無いのかな?
是非幸せな顔を見たいですよ〜〜〜


因みにチェ・ミンスが出演してる作品は「大王四神記」の火天(ファチョン)会の長老役とか砂時計とかは見ましたが「インシャラ」はギャオで途中脱落しちゃたし。(後で見ようと思ってたら期限切れしちゃったのよね〜)
また何か探して見てみようと思います〜

チェ・ミンス検索結果はこちら>>
ribia2 | 韓流(ドラマ・映画・他) | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://eiga-hon.ribia.net/trackback/1571018
トラックバック