CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECOMMENDED
チェーザレ破壊の創造者 1 (1)
チェーザレ破壊の創造者 1 (1) (JUGEMレビュー »)
惣領 冬実
チェーザレ・ボルジアの生涯を描いたコミック本ですw最近ハマってますw

<< チェーザレ 6―破壊の創造者 | main | 今更ながら・・・「チャングムの誓い」 >>
映画「三国志」 趙雲
先日来、すっかり三国志に填ってしまってギャオでも毎日1話ずつ「三国演義」が放映されるのを楽しみに観ている日々ですがさっきネットサーフィンしていたら。。

↓こんな映画もあったんですね!

映画「三国志」公式サイト>>

↑公式サイトを開くと「予告編」が観られますw

来年2月の公開だそうですよ。
レッドクリフのパート2の公開が4月ですのでその前に公開されるんですね。
(なんでも韓国映画らしくてもう韓国や中国では公開されたそうです)

サイト上にはあまり情報がなくて予告編を観るとどうやら蜀の劉備の子(阿斗)を救う武将の物語のようなのでこれは「趙雲」のお話のようです。

趙雲と言えば「白馬の武将」ですよね〜

でも趙雲のライバル?の武将が「女」みたいで気になって調べてみたら「女武将?」は曹操の孫(玄孫?)とかいう設定で架空の人物らしいです。

予告編を観た感じでは「う〜ん」観ようか観まいか・・・

趙雲は好きな武将だし。

「女武将」かぁ〜〜う〜〜ん・・・
別に架空の人物でも女でもお話が創作でも構わないんですけどね。
三国演義だってレッドクリフだって創作の部分も大きいわけだし。

このところ「三国演義」漬けで何というか昔の時代劇風というか泥臭いというか古風というか〜な映像に慣れ親しんでいるので(この洗練されてない雰囲気がまた面白いんですけどねw)この韓国製「三国志」映画の予告編が〜〜どうにもしっくり来ない・・・

なんだか「新しくて古くてロード・オブ・ザ・リング系の雰囲気もあって女武将なんかゲームのキャラみたいだし〜〜」な感じ。
要するに「代表的要素が掴めない!」な予告編なんです〜〜

果たしてこの「三国志」の世界観に感情移入出来るか否や?

まぁそのうち映画館でも予告編が放映されると思うのでそれ観てまた考えよう・・・

ribia2 | 観たい映画覚え書き | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://eiga-hon.ribia.net/trackback/1266521
トラックバック