CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECOMMENDED
チェーザレ破壊の創造者 1 (1)
チェーザレ破壊の創造者 1 (1) (JUGEMレビュー »)
惣領 冬実
チェーザレ・ボルジアの生涯を描いたコミック本ですw最近ハマってますw

<< ネシャン・サーガ 全9巻(コンパクト版)ラルフ・イーザウ | main | ハリー・ポッター第6巻、第7巻映画情報 >>
ハリー・ポッターと死の秘宝
「ハリー・ポッターと死の秘宝」 (上下巻セット) (ハリー・ポッターシリーズ第七巻)
「ハリー・ポッターと死の秘宝」 (上下巻セット) (ハリー・ポッターシリーズ第七巻)
J. K. ローリング


ハリー・ポッターと死の秘宝、読みました。

昨夜は徹夜で明け方に読み終えました。

感無量ですね。

今言えるのは・・・

本当に皆さん、お疲れさまでした。

ローリングさんも松岡さんも。

読者の方々も。

そして登場人物の皆さんも。

本当に本当にお疲れさまでした。

変な読後感想文ですよね〜〜

「やっと終わった」が私の読後感です。

本当にここまで長かったですよね。

特に「日本語版」は原作より1年もあとに邦訳本が出たので。

今は寝不足もあってボーッとしています〜

そうですねぇ・・
まぁ色々と話してみたい事柄はあるのですが

今はただ「終わった」という余韻でぼーっとしています。

ローリングさんの書きたかったことのひとつに「登場人物のそれぞれの性格(人格?)」と言うのがあったんだな〜と今更ながら思います。


そう言えばローリングさんは「自分はハーマイオニーに似てる」とインタビューで言ってましたっけ。。






ribia2 | ハリー・ポッター(本) | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://eiga-hon.ribia.net/trackback/1155871
トラックバック