CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECOMMENDED
チェーザレ破壊の創造者 1 (1)
チェーザレ破壊の創造者 1 (1) (JUGEMレビュー »)
惣領 冬実
チェーザレ・ボルジアの生涯を描いたコミック本ですw最近ハマってますw

<< ネバーランド  恩田 陸 | main | ローワンと魔法の地図/ローワンと黄金の谷の謎 >>
ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌
ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌、観てきました〜

公式サイトはこちら>>

これから観に行かれる方はお時間がありましたら「エンドロール」が終わるまで観てね。
「小さなお話」が「オマケ」でありますよ〜

【ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌 - 予告編<特報>Trailer】


え〜〜っと・・・ストーリーは・・・

小雨の降る夜に呪いの「かごめ歌」を聞いた人間が魂を奪われる、という怪奇現象がありまして〜〜
それに巻き込まれた女子高生が、鬼太郎と一緒に呪いを解く方法を見つける旅に出るんだけど〜〜

その背後には人と妖怪の恋物語と千年前のある事件がありまして〜
それを解決すれば良いのかな〜と思ったら・・・
人間の身勝手さに怒ったぬらりひょんが「千年前の事件をダシにして?」人を滅ぼすべく暗躍してて〜〜

んで、まぁ要するに鬼太郎とぬらりひょんが対決するというか〜〜

要するに頑張る訳です。はい。


う〜〜ん・・・イマイチ導入とか必然とかが意味不と言うか「弱い」感じでしたが〜〜

「外国から来た妖怪」だって、なんで日本まで来て悪の味方になったの?理由が知りたかったわ〜〜てな感じ〜〜
旦那曰く、あの外国の妖怪役の方は韓国だかの人気俳優さんとか?(確認は取ってません。。悪しからず・・・)

まぁ娯楽作品なので。足りないと思うところは「脳内補完」でいいんじゃないんでしょうかね?



久しぶりに日本映画の「特撮映像」を観た訳ですがCGとか駆使して結構良くなってるんじゃないでしょうか。
どこにCGを依頼したかは調べていませんが・・・


それにしても・・・
この映画は夜7時代に始まる回のを観た訳ですが〜〜
まぁ「お夕食時」と言うこととか「ポニョ」とか「ポケモン」とかも公開されたので〜〜と言うこともあると思いますが〜〜

なんとこの回での観客数は6人でございました。

我が家の4人で最初は「貸し切り」かな〜と思ってましたら後から2名・・・で「6名様でご鑑賞」となった訳でございます。

先日の「ミラクル7号」も観客数は10名でございました・・・


その前に観たインディ・ジョーンズもカスピアン王子も「前の段」は誰も居なくて「後ろの段」も中央席が埋まってる程度でございました。。


一体この頃の映画館はどうしちゃったんでしょう?
この映画館は結構大きくてビルごと映画館で沢山スクリーンのある大きな映画館なんですけど・・・
場末のちっさな映画館じゃないんですが・・・

ちょっと前まではチケットブースは長蛇の列で「私が車を駐車してる間に旦那だけ映画館に走らせチケットをゲットする」と言うくらい混んでましたのに・・・

(因みに我が家は夫婦50チケットを買うためにネットでチケットが買えないんですよ〜まぁチケットは買えるけど割引がネットじゃ無いので〜節約!節約〜で御座います〜〜アハハ)

【訂正致します:8月13日】
上記の「割引がネットじゃ無い」は間違いでした。
正しくはネット上でも夫婦50割引ありました。勘違いしてました。
申し訳ありません・・・m(__)m
尚、映画館によって色々なのであくまでも「私の行ってる映画館では」のお話とご了承下さいませm(__)m



夏休み前だから?

いいえ違うと思います〜〜
このところいつ行ってもチケットブースはがら空き。でございますよ〜〜

ちょっと前の「ハウルの動く城」の頃はやっと買えたチケットがスクリーンの一番前で観るのに首は痛いわ、目は回るわで難儀したものですが・・・

あのころの「熱気むんむん」の映画館の面影は無くなってから結構久しいです・・

因みに「ハウルの動く城」は2004年11月20日に公開されましたので4年前ですねぇ・・・

やはり「不景気」なのでしょうか〜〜

小学生と中学生と夫婦50でチケット代締めて4000円ですが〜〜
4000円あればDVD買えちゃいますものね。レンタルもあるし・・・

寂しい限りでございますが・・・

それにしてもこの「不景気」いつまで続くんでしょうか・・・
我が家にも「映画館なんて行ってられない〜〜」な不景気風が忍び寄ってきそうでそちらの方がどんな恐い映画より恐ろしい限りで御座います・・・
ribia2 | 映画鑑賞日記 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック