CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECOMMENDED
チェーザレ破壊の創造者 1 (1)
チェーザレ破壊の創造者 1 (1) (JUGEMレビュー »)
惣領 冬実
チェーザレ・ボルジアの生涯を描いたコミック本ですw最近ハマってますw

<< 本/ハリーポッターと謎のプリンス/第6巻 | main | はじめに/このブログについて >>
映画「不死鳥の騎士団」先行上映観てきました♪(第5巻)
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 特別版(3枚組)
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 特別版(3枚組)
ダニエル・ラドクリフ,デイビッド・イェーツ

注:こちらの日記は「ribiaのネタバレ ハリポタ日記」より転載しました。ネタバレが厭な方は読まないでネ!


観てきました〜♪

( ̄〜 ̄;)ウーン・・・

原作を知ってると端折られたところが気になって〜な感じでした。
もちろん「1年分の物語」のハリポタを2時間前後で映像にするには
今までの映画も随分端折られてる訳ですが・・・

この5巻「不死鳥の騎士団」は原作自体が複雑なので・・・

まぁ端折られるのは仕方ないし後日DVDなどで観ると
映画は映画で面白いんですが・・・

今回は話が違っちゃってるとこもあったしねぇ・・・

幾らなんでもチョウが真実薬で・・・!は無いんじゃないの〜〜〜


いくらそのうちハリーとは縁切れになるとは言え
後でチョウが裏切ったんじゃないとみんなに分かったとしても!
あれじゃなんの為のキスシーンよ?てな感じ〜

スネイプがさりげに「真実薬からハリーを守っていた」ことも伝わらないしね〜

このまま6巻謎のプリンスが上映されたらスネイプ=真っ黒キャラになっちゃいそうじゃありませんか〜〜
スネイプは白か黒か?の微妙なとこが物語のキーポイントの一つでもあるのにねぇ・・・

是非とも6巻では「ハグリットが聞いたスネイプとダンブルドアの言い争いの場面とその時のセリフ」は端折らないで頂きたいです〜〜


それから魔法省でハリーがヴォルに心を支配されそうになって戦うとこでも
導入がイマイチ分からないし。
原作読んでれば「あのシーンね」って分かるんだけどね。

魔法省で楽しみにしてたフォークスも出なかったし。
魔法省の銅像?とかも破壊されなかったし〜〜

でもダンブルドアとヴォルの戦いシーンは面白かったです。
力のある魔法使い同士の戦いがあんなだったらハリーの魔法は「まだまだ・・・」ですね。
他の大人の魔法も素晴らしかったです。

7巻ではヴィクトール・クラムが再登場するらしいですが
前にも書いたように今更?クイディッチどころでは無いでしょうし
やっぱり登場の仕方としては「防衛魔法術の先生」か何かで登場して
ハリーに闇の魔法を教えるのだと思います。
闇の魔法が使えなくちゃヴォルは殺せないしね。
味方キャラで闇の魔法を教えられるのはクラムくらいしか居ないのでは?と思うわけです。

ルーナも可愛かったな〜♪
日本語吹き替え版で観たのですが声やしゃべり方も可愛かったですよ。
ルーナの「捜し物は意外なところから見つかる」なセリフも7巻を意識してるのかな〜?
最後のホークラックスは意外なところから見つかる?
そんな気がします〜よね?

私が本の中で気になるのは前にも書いたと思いますが
ヴォルが一度先生になるのを断られたにも関わらずまたもや校長を訪ねて来て
「防衛術の先生になりたい」と言ったくだり。
あれはホグワーツの中にある「ホークラックス」が無事にあるか確認に来たんだと思うんですよね〜〜

まさか?グリフィンドールの検や組み分け帽子じゃないよね?
「校長室」がとっても気になるんだけど〜〜
校長室には険と帽子の他に何かあったかな?

どこかで創始者同士が贈り物をしあったと読んだけど。。
もしや組み分け帽子はスリザリンからの贈り物とか?

でもなぁ・・・・・・
どこかのサイトでハリーはホグワーツには戻らない様なことが書いてあったけど・・・
どうなんだろ?
まぁ学生としてお勉強には戻らないけどホークラックスの為にホグワーツに行くと言うのは有りだよね?


それから映画の話に戻りますが今回の映画ではさりげにジニーの「すごさ」が強調されていたような?
ジニーのレダクト(だっけ?)もの凄い破壊力でございました。

時間が短いのであれだけ纏めるのも大変だったと思いますので文句は無いのですがネビルの活躍ぶりや予言とネビルの関係が描かれてないのは今後の映画的に大丈夫なのかな?


映画が出来上がったら多分ローリングさんに真っ先に見せてるのでは〜と思うのですが〜〜
それでOKが出たならあまり予言とネビルの関係は重要じゃないのかな〜
まぁ「ハリーが選ばれた理由」はグリフィンドールとハリーの関係からだと思うのでそうならネビルは選ばれないわけで・・・
ハリーが選ばれたのは必然ということで。まぁ映画では端折っても・・・かな。

ネビルのミンビュラス・ミンブルトニア、出てましたね〜
あれ7巻で使われると思うんですよね〜
予想が当たったら嬉しいですね〜笑


今までの映画は
1)こんな男の子が居てこんな運命で。。な序章。

2)敵キャラがこんな奴で〜敵はなんとか復活しようと頑張ってるんだよ〜

3)ハリーの親に何があってハリーは孤児になったのか?真実はなんなのかをハリーが知る。

4)いよいよ敵キャラ復活!

5)敵キャラ復活を認めない魔法省。孤独で焦燥感に苛まれるハリー。
ダドリーの秘密。
ホグワーツでの孤立。
先生も務められる程に魔法が上達したハリー。
淡い恋の成就?
ハリーの父親の学生時代を垣間見る。
ウィズリー家の問題(パーシー)
カーテンの向こう。
ダンブルとヴォルの戦い。
ヴォルとハリーの心の戦い。
なにがヴォルに勝っているのか。

不死鳥の騎士団、映画では「内容盛りだくさん」でした。
ざっと上げただけでもこれだけの内容が盛り込まれているので
ひとつひとつを原作を読んでない人にも分かりやすく・・・と言うのは・・・ですね。

いつかロード・オブ・ザ・リングの様に「長〜〜長〜〜い特別バージョン」出ないかな。
でも「役者さん」が育っちゃってるので今のキャストで・・・って言うのは無いでしょうね・・・多分・・・





何はともあれ映画も5巻まで進み7巻も21日には入手出来そうです。

23日までは予定が毎日ビッシリ入っているのですがそれ以降は子供達も夏休みで朝寝坊出来るし!

でもきっとやっぱり読めないだろうな〜〜o(〃^▽^〃)oあははっ♪
だって文章1行の全部の単語読めても意味分かりません〜〜ての多いんだよね・・・
単語も意味がひとつじゃなかったり用法で違う意味にもなるしね
本当に「原作(英語の)」読むと自己嫌悪になるよ〜
とばし読みは絶対したくないしねぇ・・・

「記念に買った本棚の飾り」になることは必定でしょう。
松岡さん、一日も早い翻訳をお願いしますね〜〜

注:こちらの日記は「ribiaのネタバレ ハリポタ日記」より転載しました。
ribia2 | ハリー・ポッター(映画) | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://eiga-hon.ribia.net/trackback/1103816
トラックバック